FX取引のスワップポイント

必ずおさえておきたいスワップポイント

FX取引をするにあたって、必ずおさえておきたいのが
「スワップポイント(金利差調整分)」です。

 

スワップポイントとは、FX取引の中で、
異なるふたつの国の通貨で、
FX取引したときに生じる
小さな利益のことです。

 

このスワップポイントが二国間の、
金利格差が関係しています。

 

具体的には、交換日を別の日に回したときに、
二国間の金利の差額が、スワップポイントとなります。

 

そしてこのスワップポイントこそ、
FXが多くのトレーダーに人気の一つの理由でもあります。

 

FXトレーダーの中には、
このスワップポイントを目当てで
取引している人もたくさんいます。
そのくらい、スワップポイントは重要な利益なのです。

 

一回ごとの取引の中で得られるスワップポイントは、
そこまで大きな数値とはいえません。

 

しかしFX取引をしていれば
毎日得られるという利点があります。

 

うまくスワップポイントを出し続けることと、
交換のタイミングをはかることが大切です。

 

そうすれば、小さなスワップポイントでも
「ちりも積もれば山」となり、
トータルで大きな利益としてつながっていくのです。

 

では、スワップポイントのリスクも見ていきましょう。

 

もらえるばかりではなく、
ちょっとしたリスクになることもあります。
たとえば高金利通貨を売って
低金利通貨を買った場合など、
スワップポイントを逆に支払うこともありますので、
注意しましょう。