FXと借金

FXと借金

FXではロスカットルールというのが存在するため、
資金がマイナスになることはありません。

 

FXでは当然、為替が思ったのとは違う動きをしたために、
損失が生じることはあります。

 

このため、資金(預けている証拠金)が
なくなってしまうというリスクはあります。

 

ただしロスカットによって損失分は決済されるため、
いわゆるマイナスになる、ということにはならないのです。
では、「FXで借金を背負う」とはどういったことなのでしょうか。

 

ロスカットのタイミングが悪い?
矯正ロスカットは一般的に相場が
急変し大きな損失が生じそうなときに発生します。

 

トレーダーがなかなか気づけないタイミングで
強制ロスカットが生じたために、
借金が生じてしまうというケースがまれにあるようです。

 

借金してまでFXはしないほうがいい
上のように、「FX取引の中で生じた借金」ではなく、
「借金をしてそのお金でFXで負けた」というケースがたまに見られます。

 

これは、追加の証拠金をどんどん入れるために
借金をするというものです。

 

「FXで利益を上げれば問題ない」という感情が、
安易に借金を作ってしまうのです。

 

しかしFXは借金をしてまでやるべき投資とはいえません。

 

リスクのことを考えずに、証拠金として借金をしてしまうのは
やはり良くないことです。FXのための借金は危険です。