FX取引の負けパターン

FX取引の負けパターン

FXを始めて一番最初に陥り易いのが一気に儲けようとして
大きく失敗するというパターンが多いです。
一攫千金を狙っての取り引きを狙っているとドカンと負けるということがありますね。

 

なぜこんなことが起こるかというと、証拠金めいっぱいに取り引きをしてしまうから
レバレッジが一杯になってしまって逆方向に進んでしまったときに取り返しのつかない
負けをしてしまうということになります。

 

これを防ぐためにはどうしたら良いかというとコツコツと取引を進めることです。

 

FXでの魅力はレバレッジを効かせて取り引きができることなので、
コツコツとやっていたとしても普通貯金よりも儲けられることが確実だということを知っておけば、
いきなり大きな損失を被ることは無いでしょう。

 

普通預金よりも確実だという根拠としては、100万円あったとして、
1万通貨単位だけ豪ドル円のロングポジションで一年間持ち続けた場合、
1日当たり70円のスワップポイントが入ってきて、年間にすると25000円くらいの
スワップポイントが入ってくることになります。

 

100万円のうちの1万通貨なので、豪ドル円の価値が100円下がるということが無ければ、
投資金額はなくなりません。100万円を、今銀行にそのまま預けたとしても金利が0.1%なので
1000円くらいにしかなりません。スワップポイントが2.5%の金利が取れるのに対して、
すごく少ないというのが分かると思います。

 

これだけコツコツとFXで投資をしていても普通金利よりは運用利回りが良いですので、
いきなり大きく賭けに出て負けるというよりはコツコツと取り引きをしていって普通貯金よりも
良い利回りを得られるようにした方がいいのは確実ですね。